TOP | |


■メニュー
[トップページ]
[人名に使える漢字?検索]
[一文字の名前リスト]
[名前検索]
(例:美→暁美・拓美・由美子)
[末尾検索]
(例:子→洋子・春子・都子)
[名前の読み方検索]
(例:洋→ひろし 拓也→たくや)
[名づけの際の注意点]

[漢字の画数一覧表]
名付けに関して
使える文字、使えない文字
画数について
名付け命名致します
名付けの際に注意すること
名付けの懸念事項
改名について
改名と裁判
改名後にやること


あなたのサイトに姓名判断を追加できます!
姓名判断ぷち

赤ちゃんの名付け@姓名判断

画数について

当サイトは、独自の研究により積み重ねた経験を元に、姓名判断プログラムを作成しています。
漢字の画数は旧字を使用していますから、普段使用している漢字の画数とは若干違ってくると思います。

世の中にある姓名判断には様々な流派があり、流派毎に画数の意味が違っていたり、画数自体が違っていたりと様々ですね。
なので、姓名判断サイトを活用する際は、身近にいる人たちの名前を試しに入力してみて、内容が合っているなと思うサイトを使用するのが得策でしょう。

私がこのサイトを作成する際にも、身内家族や職場の人たちの名前を試しに入力してみたり、過去に実際鑑定を行った方々の名前を入力して、その内容が合っているかどうかを確かめて作成しました。

名付けの際にはお子さんにできる限り幸せに歩んでもらえる名前を付けたい、と思うものでしょうね。

その際は当サイトを活用していただくのも良いですが、実際に有名な姓名判断の先生にお金を払って付けてもらうのが一番無難なのかなとも思います。

というのも、姓名判断は天格・地格などの画数の善し悪しのみを観るのではなく、名前の響きや画数の多さ、三才五行など様々な要素が組み合わさり、素人には安易に判断できない部分もあるからです。

実際、「なんでこれだけ画数がいい人に不幸が続くのだ?」と疑問に思うケースもあるのですが、よくよく調べてみると三才のバランスが悪かったり、天格と地格が同画数であるというような事に気づくことがよくあります。

これらの全てを無料のパソコンプログラムのみで判断するのは限界がありますから、やはり実力のある先生にお金を払って名付けの指導を頂くのが、結局は良いと思います。

私も若い頃に自分の名前が嫌で嫌で仕方なかった頃があり、姓名判断の先生に新しい名前を考えてもらったことがあります。
姓名判断のプロとして実力を積んだ今、この先生に付けてもらった名前がいかにバランス良く、幸運を招く名前なのかというのをとても痛感しています。


<<<前の記事へ|後の記事へ>>>




トップへ戻る
■項目
名付けに関して



Copyright (c) 2004-2017 omoti inc.
当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
当サイトで使用しているすべての画像・写真の著作権は管理人omotiにあります。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。