TOP | |


■メニュー
[トップページ]
[人名に使える漢字?検索]
[一文字の名前リスト]
[名前検索]
(例:美→暁美・拓美・由美子)
[末尾検索]
(例:子→洋子・春子・都子)
[名前の読み方検索]
(例:洋→ひろし 拓也→たくや)
[名づけの際の注意点]

[漢字の画数一覧表]
名付けに関して
使える文字、使えない文字
画数について
名付け命名致します
名付けの際に注意すること
名付けの懸念事項
改名について
改名と裁判
改名後にやること


あなたのサイトに姓名判断を追加できます!
姓名判断ぷち

赤ちゃんの名付け@姓名判断

名付けに関して

名付けに関しては色々と考えなければならないケースが多いですね。

名前というのは子供の将来を大きく左右するものであるということを、どうか頭に入れておいてください。
最近はやりのきらきらネーム(光宙:ぴかちゅう等)は、名付けられた子供の運勢にとって、とても悪い影響を与えることでしょう。

私自身の経験から言うと、珍妙な名前を付けられた子供は、名前に関して幼少時代からからかわれ続けることになります。
私は男なのに女のような名前であったのと、響きが「ぶつぞ!」とか「殴るぞ!」「叩くぞ!」といった印象を受ける名前であったために、「○○ちゃん、叩くぞ!」というようなからかわれ方を散々されました。
名前というのはその人本人を表すもので、その人自身です。
なので名前をからかわれたり貶されたり、悪口を言われれば、その人本人を否定された事になるのです。

小学校に入った頃から、周りから名前を否定され続ける訳ですから、子供の精神的な成長に大きな影響を与えることは想像に難くありません。
私の場合はあまりにもその虐めやからかいが激しく、仲間達のコミュニティーから次第に遠ざかり、一人で遊ぶ事が多くなっていきました。

名前に対するからかいは、なんと社会人になってからも続きました。
社会に出てからもからかわれ、笑われ、失笑され・・・心の底から私自身の名前が憎い、この名前をつけた親が憎い・・・と思い続けて今に至ります。

私が姓名判断に関して興味を持ったのも、私自身の名前があまりにもひどく、また私が歩んできた人生自体が決して良い物ではなかった事が理由です。

ここでは、名前に関して私のもつ知識を全て記載していきます。


<<<前の記事へ|後の記事へ>>>




トップへ戻る
■項目
名付けに関して



Copyright (c) 2004-2017 omoti inc.
当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
当サイトで使用しているすべての画像・写真の著作権は管理人omotiにあります。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。